芦原会館


「新国際空手道連盟 芦原会館」は、昭和55年9月に発足しました。

愛媛県松山市に総本部を置き,門下生が日々空手の稽古に励んでいます。

 

先代館長と芦原会館のマーク


  

 

芦原空手の特徴


「芦原空手」には「サバキ」という合理性と理論性さらに実戦性を追求した空手技術があります。  この「サバキ」という技術により、力や体格の勝った者だけでなく、誰でも空手を安全に習得することが出来るようになっています。

 

inserted by FC2 system